治療法が選べる

すい臓がんとは、すい臓から発生する悪性腫瘍の事を言います。すい臓とは、消化酵素を含む膵液と呼ばれる液体を分泌する器官です。すい臓がんは別名「がんの王様」とも言われています。その理由は早期発見が難しく、進行も極めて早い事にあります。 すい臓がんは特徴的な症状が少ない病気としても知られています。胃や背中の辺りが重苦しい、お腹の調子が良くない等の症状が出ますが、これらは他の病気でも起きる症状なので、見分けるのが困難です。ただ、あえて特徴的な症状を挙げるとすれば、体や白目が黄色くなる黄疸があります。 すい臓がんの治療は、一般的には手術や放射線療法等があります。特に手術は、すい臓がんにおいては唯一の根治治療となります。

すい臓がんになった場合には、病院で治療の受けるのが基本となります。がん専門の医療施設が近くにある場合は、そういった医療施設で診察を受けるのが理想的です。特にそういった医療施設が無い場合は、近くの総合病院を受診するのが良いです。 前述したように、すい臓がんの治療方法は、手術や放射線治療等が一般的です。手術とは、外科的な処置によって患部を切除するという方法です。ただ、だいぶ進行していると対応出来ない場合もあります。 放射線治療とは、がん治療においてよく行なわれる治療方法で、患部に放射線を照射してがん細胞にダメージを与えるという方法です。この方法は抗がん剤治療と一緒に行なわれるケースも多いです。 それ以外にも、免疫療法等が行なわれる事もあります。